キラキラあなたが眩しくて

明日もまた君に会えると願う

ジャニオタが乃木坂46のライブに行ってきた

乃木坂46真夏の全国ツアー@明治神宮野球場

3つ下の弟(高2)と行ってきた!弟がオタクでテレビとかよく見てるから一緒に見てるうちに私まで曲やらメンバーの名前やら覚えてしまったので「一緒に行かない?」と言われた時は二つ返事でOKした。めっちゃ可愛かったみんな!顔小さいし、肌キレイだし!

しかし、普段はジャニオタとして生活しているのでコンサートのスタイルの違いに驚いたりもした、、、この手のブログは過去に沢山書かれてそうだけど今回は私なりに発見したことや、驚いたことを書いていきたい。

f:id:kanebo24:20150830230531j:plain

1.最寄り駅の人々

外苑前で降りても乃木坂を見に行きそうな人が見当たらない、、、改札付近でようやくタオルを持っている人やTシャツを着ている人を見かける。行くのは主に男の人だから女の子みたいに双子ファッションしてみたり、衣装を真似してみるとか無いんだな。

2.タオルの種類と使い方

乃木坂のタオルの種類がとにかく多い!ツアー名が入ったやつが2種類くらいと各メンバーの名前が入ったやつ(!)これを持っていれば一発で推しメンが分かる仕組み。気になる使い方だが普通に首にかけてる人と、ジーパンに挟んで足のところに下がるようにしてる人。名前見やすい。

3.缶バッジ

ジャニオタはよくカバンに原宿などで売ってる非公式の「I LOVE◯◯」みたいなのをつけてるが、乃木坂は公式で写真入りのが売られている。私の弟は来てきた服に沢山つけていたのだがこれはよくあるスタイルなのかな、、、他に見かけなかったので。

4.アナウンス

コンサート会場で絶対に耳にするアナウンス。注意事項を述べたりと基本はジャニーズの現場と何ら変わらないのだが、驚いたのは開演5分前となる最後のアナウンス。今までスタッフのお姉さんの声だったのになんとメンバー本人が担当。この日は生田絵梨花松村沙友理の2人。1文読み終わるごとに「はーい!」と返事をする人たち。…何これ?!超いいじゃん。ジャニーズにも取り入れてくれ。

5.男女比

ジャニーズは1:9くらいの割合で男子がめちゃくちゃ少ない。弟と一緒にSexy Zoneのコンサートに行った時など4人くらいしか見かけなかった。対して乃木坂。男性ファンが多いのだが女性ファンも思ったより多い。7:3くらい。服も衣装に似たやつ着てみたり、全身を乃木坂のグループカラーの紫にしてみたりと工夫されていた。

6.圧倒的うちわの少なさ

ジャニオタにとってコンサートの必需品とも言えるうちわ。(と、言いつつ私自身は1度も持ったことがない)公式の顔写真のやつだったりファンサを求めるやつだったり工夫がされているのを多く見る。乃木坂も公式で顔写真入りのやつが売られているのだが全然持ってない。うちわを持つよりも2で書いた名前入りのタオルを持ってアピールする人の方が多いようだ。

7.サイリウム

ジャニーズのコンサートで売られているペンライトは時に一色にしか光らなかったりするのでずっとピンク色*1みたいな状態になっているのだが乃木坂は違う。メンバーそれぞれにカラーが2色ずつ配分されているらしく会場が色んな色で溢れかえっている。これはこれですごくキレイだった。またすごい人は片手に4本ずつ持ったりWii Uマリオカートのハンドルのようなものにさしている人もいる。1曲の間にも振り方がドンドン変わる。下から上にゆっくり上げたり、普通に振ったり、、、

8.ダンス

ジャニオタはとにかく踊る踊る。そのコンサートで初めて披露される曲でも1回目で覚えてまた入る時にはもう踊れる、なんてこともある。乃木坂の人はあまり踊らない。中には全曲完璧な人もいるが。

9.掛け声

曲中の掛け声がすごい。「超絶可愛い!◯◯(メンバーの名前)」とか言う。ソロパートを歌っている人の名前や複数の人が歌うパートではモニターに映っている人の名前を読んだりする。1つ疑問に思ったのだが生駒ちゃんの時は何故「生駒!」なのだろうか。里奈という2文字は言いにくいのかもしれないが、同じく名前が2文字の若月ちゃんは「佑美ちゃん!」だった。気になる。「う〜、はい!」みたいなのもやる。モニターに掛け声を出してくれる曲もあった。

10.花の写真

コンサート及び舞台の会場で目にする花。テレビ局やラジオ局やレコード会社から送られるあれだが写真を撮っている人が全然いない。弟にこの疑問をぶつけると「撮って何になるの」と返された。それについては明確な答えは出せないが1つ言うとしたら記念だ。乃木坂の場合は入口の上にメンバーの写真の幕や名前入りの旗が飾られたりしていて、そちらを皆撮っていた。

ここまで書いてきたがグループというかアイドルの性別が変わるだけでこんなに違うか!ってほどに発見する事が多くとても楽しかった。

*1:Kis-My-Journeyの時の話